眼鏡の小妖精

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡の小妖精

嫁ポケは眼鏡エルフーン、好きなポケモンはチコリータ。

【s15・ローテ】セイムパートナーズ(最高レート1676)

秋桜さん主催のセイムパートナーズに興味を持ったため、ローテ個体育成も兼ねてパーティーを組んでみました。この企画では、必ずこの6体でPTを組まなくてはならないという、非常に厳しい制約の下で対戦をしなくてはなりません。
セイムパートナーズの結果記事は以下になりますので、まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ。
cloyster.blog.jp

目標としていたレート1700には到達できませんでしたが、構築を残しておこうと思います。

f:id:uc_pokemon:20160406145058p:plain

【個別解説】
f:id:uc_pokemon:20160228012225g:plain
ガルーラ@ガルーラナイト
肝っ玉・意地HAs
個体値:V-V-29-*-V-V
努力値:228-252-0-*-0-28
実数値:209-161-99-*-100-114(メガ前)
    209-194-119-*-120-124(メガ後)
グロパン/不意打ち/地震/捨て身

シングル流用個体の209ガルーラ。当初は197ガルーラでしたが、このPTは雨パが非常に重いと気付いたため、雨エースの技をなんとか耐えられるように209ガルーラを採用しました。ここまで振っても残念ながらオムスターの雨眼鏡ドロポンは耐えないのですが。
グロパンを積んで、不意打ちで相手を縛ったり、追い風下で暴れたりします。


f:id:uc_pokemon:20160228012315g:plain
ガブリアス@いのちのたま
鮫肌・陽気AS
努力値:0-252-0-*-4-252
実数値:183-182-115-*-106-169
剣舞/瓦割り/ダブチョ/地震

おそらく一般的な珠ガブ。相手が壁構築の時は積極的に選出していきます。H252ギルガルドに対して地震で確定を取れないのが残念なところ。岩技が欲しいと思った場面はほとんどありませんでした。
剣舞したあとにガッサ等のタスキで止められるのが嫌だったのでダブルチョップを採用しました。威力が低くて悲しくなることもしばしば。


f:id:uc_pokemon:20160406145311g:plain
ギルガルド@じゃくてんほけん
バトルスイッチ・冷静HC
個体値:V-V-V-V-V-0
努力値:252-0-0-252-4-0
実数値:167-70-170-112-171-58(シールド)
    167-170-70-222-71-58(ブレード)
キンシ/影打ち/ラスカ/シャドボ

ここ数シーズンで徐々に増えてきた弱点保険ギルガルド。序盤はタスキ剣舞型を使っていましたが、シャドークローが弱かったのと、威嚇が痛かったので諦めました。
うまく弱点の技にぶつけられれば、相手を1体倒したあとに、キンシや影打ちで圧力をかけられます。D4振りはダウンロード対策。


f:id:uc_pokemon:20160406145408g:plain
ファイアロー@あおぞらプレート
疾風の翼・意地AS
努力値:0-252-0-*-4-252
実数値:153-146-91-*-90-178
フレドラ/ブレバ/剣舞/追い風

無償で剣舞ができれば試合を終了させられる能力を持つ鳥。終盤の全抜き要員としても、序盤から負担をかけていく要員としても使えます。
追い風をすることで、ガルーラロトムニンフィアを高速アタッカーにすることもできます。自ら殴るべきか、味方をサポートするべきか、状況を正しく見極める必要があります。


f:id:uc_pokemon:20160406145336g:plain
ウォッシュロトム@こだわりメガネ
浮遊・控えめHC
努力値:228-*-4-252-12-12
実数値:154-*-128-172-129-108
リフレク/トリック/10万ボルト/ドロポン

ローテでは割と多い、火力重視のメガネ水ロトム。水技と電気技の両方の通りが悪いような並びは少ないため、初手から積極的に負担をかけていけます。
苦し紛れですが、ピクシーやヌオー等の面倒な枠をどうにかできるかもしれないという期待も込めてトリックを採用しました。BDはダウンロード対策で、Sは4振り同族抜き意識です。


f:id:uc_pokemon:20160406145505g:plain
ニンフィア@ラムのみ
フェアリースキン・控えめhBcs
努力値:36-*-252-28-4-188
実数値:175-*-117-147-151-104
光の壁/癒しの鈴/瞑想/ハイボ

すごく意味の分からない調整をしてしまった枠。耐久型に勝てるように特殊方面の積み技が欲しい、ガッサが重いから癒しの鈴要員が欲しい…と欲張った結果です。
調整は、どれか1つでも安定的に仕事ができるように、Bは極振りして、Sは追い風下で大半を抜いていける104に調整。Hは175が綺麗そうだったのでそこまで振って残りCです。


【立ち回り】

特に目立ったギミックはなく、オーソドックスな展開になります。積極的に壁積みを狙っていくのではなく、スタンダードに殴りながら隙を見て積みます。壁はほとんどオマケのようなもので、有効に使える機会はあまりありませんでした。
今回のPTを組むにあたって、壁構築は初めに思い浮かんだのですが、壁貼り役のSが遅すぎて壁を貼る前に落とされてしまうため、ギルガルドロトムで1:1交換をしつつ、最後は追い風で上から殴ってフィニッシュする動きがメインになりました。


【弱点】

ガルーラの欄で書いた通り、雨パが非常に重いです。光の壁を上から貼れないのが痛手です。
また、トリルクチートも止める手段がないため、剣舞をされないように立ち回っていく必要があり厳しいです。
滅びの歌を搭載できないため、いわゆる害悪と言われるようなポケモンに対しては、ローテしてくるタイミングを読み切って高火力技を当てていかなくてはなりません。


【成績】

f:id:uc_pokemon:20160406224044j:plain
f:id:uc_pokemon:20160406224111p:plain
《レート1603pt 38勝26敗 勝率59%》

対戦回数0の状態から始めて20戦ほどしたところで動かしづらさを感じたため、ガルーラギルガルドの型を変更しました。最高レートは1676で、その時は1700に行けると思っていたので画像を残してありません。
対戦回数を稼げば1700には乗ると思いますが、楽に1700に乗らないあたり、このPTの限界を感じます。