眼鏡の小妖精

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡の小妖精

嫁ポケは眼鏡エルフーン、好きなポケモンはチコリータ。

【大会・ローテ】エルフーン軸ギミックPT(レベル1ローテ)

大会レポート ローテーション

【はじめに】

うめqさん主催のレベル1ローテというオンライン大会に参加しました。
【フレ戦企画】レベル1ローテリーグ - オム星激流葬
レベル1だと、どのポケモンの実数値もあまり変わらないので、覚える技や特性が勝負の鍵になってきます。

この大会情報が上がった時に、真っ先に言われたのが「ドーブルが強い」でした。
レベル1では実数値がポケモンごとにそれほど違わないので、あらゆる技を覚えられるドーブルが最強なのは誰もが認める事実だと思います。
アニマロッサさんがTwitterで呟いていたドーブルの型がどう考えても強そうだったので、それを生かして戦うためにはどうすればいいだろうということで構築を組み始めました。

f:id:uc_pokemon:20161013005516p:plain
レベル1でPTを組む上で最も気をつけたことは、いかに同速勝負にならないようにするか、でした。
そこで、こちらの追い風を匂わせて相手に追い風をさせて、こちらはトリックルームを展開する戦法を取ることにしました。


【個別紹介】

f:id:uc_pokemon:20160228010954g:plain
エルフーン@きあいのタスキ
悪戯心・臆病
実数値:12-5-7-6-6-7
マジシャ/草笛/追い風/トリル

トリル要員。僕といえば左上エルフーン
1試合でトリルと追い風を両方使うことが多かった。
後述のポケモンに重力を仕込んであるので、味方の積みの起点を作るために草笛を採用した。
このルールはギミック要因でも技次第では高火力で殴れることが魅力。ムンフォを使えればメガヘラが確定だが、マジシャでは乱数。


f:id:uc_pokemon:20161013005147g:plain
マリル@きあいのハチマキ
力持ち・勇敢
実数値:12-5-6-*-6-4
アクジェ/瓦割り/滝登り/じゃれつく

腹太鼓アクジェが騒がれていたため、マリルを確定にする技は必ず採用されていると予想し、鉢巻の個体を採用した。
鉢巻じゃれつくで耐久ライン12-6のポケモンを等倍で確1にする。
同速対決を避けるために勇敢最遅の個体をツモった。


f:id:uc_pokemon:20160921232433g:plain
ドーブル@きのみジュース
テクニシャン・陽気
実数値:12-5-6-*-6-6
腹太鼓/きのこ胞子/骨ブーメラン/神速

全試合選出の全抜き犬。
弱点が1つなので、非常に安定して腹太鼓を発動できた。
ホネブーメランはテクニ補正が乗り、タスキ貫通、重力で強化できるので非常に強力。
神速の優先度で大概を縛れることと、対ドーブルを考慮して、Sは落とさずに採用した。
全抜きが失敗した例は
1.ゴーストタイプのスカーフ枠に潰された
2.ホネブーメランで同速負けした
3.太鼓を積んでる時に急所で飛んでった


f:id:uc_pokemon:20161013005243g:plain
ヘラクロス@ヘラクロスナイト
根性→スキルリンク・勇敢
実数値:12-7-6-*-7-5(メガ前)
    12-9-7-*-7-5
突っ張り/フェイント/燕返し/ミサイル針

非常に強いとされていたメガ枠だったが、終わってみるとカイロスの方が強かった。PT単位で対策されていることが多く、あまり刺さっていなかった。
こちらも同速対決で賭けに出るのが嫌だったので最遅個体を採用。
優先度+1の技に対抗できるフェイントと、ヘラミラー対策で燕返しを採用した。


f:id:uc_pokemon:20161013005344g:plain
ヤミラミ@オレンのみ
悪戯心・勇敢
実数値:12-6-6-*-6-5
鬼火/挑発/イカサマ/重力

相手のギミック阻止+重力展開要員。最遅個体。
重力を展開することで、こちらのホネブーメラン、地震、じゃれつくの安定性を上げ、草笛の択を発生させる。
スキルリンクで連続技を打ってくるポケモンは軒並み物理型なので、それを止めるために鬼火を採用した。
イカサマは、A5で耐久ライン12-6のポケモンに対して等倍確定2発の火力を出せる。


f:id:uc_pokemon:20161013005413g:plain
ホルビー@しんかのきせき
力持ち・勇敢
実数値:11-6-5-*-6-5
グロパン/高速移動/恩返し/地震

こちらも全抜き要員として採用。最遅個体。
輝石を盾にしてグロパンを積み、重力下の地震を一貫させる。
高速移動に関しては、トリルのターンを守る等でごまかしてくる相手に対抗するために採用した。守るターンで高速移動を積み、トリルが切れたあとに有利な展開を作る。GSの最遅剣舞ロックカットグラードンの型を参考にした。


【立ち回り】

トリックルームか腹太鼓を積極的に打ち、序盤から高火力ポケモンで圧力をかけながら全抜き体制を整えます。重力草笛は不利な相手に対しても、眠らせてから積むことで可能性を作れました。
どのようにS操作をするかが状況によって違ってくるので、相手の戦法を読んで技を展開していかないと失敗します。特に、Sをわざと落としてるので、ギミックがなくなると試合が終了します。


【戦績】

予選カメテテブロックで4勝3敗の予選落ち。
上述のドーブル全抜きが失敗した試合はいずれも負けました。
やはりドーブルの影響力は大きい。


【おわりに】

考察の非常に薄いルールなので、考察がとても楽しかったです。
ローテがなくなってしまうので、いずれはオフ会のフレ戦で楽しまれるルールになるんだろうなと思います。
大会を主催してくださったうめqさん、ありがとうございました。