眼鏡の小妖精

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡の小妖精

嫁ポケは眼鏡エルフーン、好きなポケモンはチコリータ。

【雑記】ORAS総括

※思い出をつらつらと書き連ねます。長くなりますので、興味のある人だけお時間のあるときに。
※かなりハンドルネームが出てきますので、削除依頼等あればU.C.までお願いします。


2013年10月12日、ポケットモンスターXYが発売して、第6世代がスタートしました。僕の周りでもかなりポケモンが流行っていて、みんな厳選活動に勤しんでいましたが、僕はBW以降ポケモンから完全に離れており3DSも持っていなかったので、その輪に入ることはなく、大学に入ってから買ったゲームキューブで遊んでいました。

時は経ち2014年11月21日、12年の時を経てポケットモンスターRSのリメイク版、ポケットモンスターORASが発売されました。僕が初めてプレイしたバージョンがサファイアだったこともあり、大学2年の後期が終わると同時に3DSアルファサファイアを購入しました。冒険の開始は2015年2月12日でした。

既にその頃には僕の周囲のポケモンブームは去っており、後輩が1人だけガチ勢をやっているという状態でした。彼は剣舞フシギバナでシングル2000に乗せていて、僕からしたらポケモンのプロでした。
後輩が「せっかくやるならレートやりましょうよ」と誘ってくれて、6Vメタモンまで譲ってくれることになったので、僕は興味本位でポケモンを育成し、レートに潜ることにしました。シーズン8の出来事でした。


《シーズン8》15/01/13~15/03/17

シングル 1441 47勝53敗

初めて育成したポケモンメガボスゴドラでした。起点作りという言葉の意味も知らず、後ろに積みポケモンもいないのにステロを撒き、電磁波アイヘしてました(沼)。全然勝てないし、自分はポケモンの才能ないと思いました(当たり前)。この頃から、後輩の影響か知りませんが、マイナーポケモンで勝ちたいと思ってました。


《シーズン9》15/03/17~15/05/12

シングル 1635 307勝307敗
ダブル 1609 14勝7敗
トリプル 1582 11勝8敗
ローテ 1562 6勝4敗
スペシャ 1556 7勝4敗
総合 7944 345勝330敗

なぜか2シーズン目から全ルールをやっていました。ポケモンにどっぷりハマったシーズンでした。
シングルは最高1700ちょっとまでいったと思います。この頃に眼鏡エルフーンを使い始めました。他にもスカーフブルンゲル使ったり、相変わらずなPTを組んでいました。
ダブルトリプルはスキン輪唱PTを使いまわしていた記憶があります。最終レートを眺めて、自分はダブルバトルの才能があるんじゃないかと思っていました。そんなことなかった。


《シーズン10》15/05/12~15/07/14

シングル 1831 247勝208敗
ダブル 1465 7勝9敗
トリプル 1449 0勝3敗
ローテ 1433 1勝6敗

このシーズンはシングルのPTをガチ仕様に改良。ガルーラ、ガブリアス、ゲンガーなど厨ポケと言われるポケモンを放り込んでみました。するとレートもぐんぐん上昇。シングル最高1973までいった記憶があります。この改良の時に、どうしても外せなかったのが左上の眼鏡エルフーンでした。後の嫁ポケです。
シーズン終盤にシングルレートを溶かしたため他ルールに逃避するも、いずれも1500を割ってしまったため自分の才能のなさに気付きました(遅い)。


《シーズン11》15/07/14~15/09/15

シングル 1604 456勝424敗
ダブル 1529 44勝43敗
トリプル 1544 53勝51敗

前シーズン、シングル2000に手が届きそうなところまでいったので、今シーズンは何としてもシングル2000を達成するという思いで潜りましたが、最高レートは1900ちょっと。シーズン終盤に闇落ちして悲しみにあふれました。
ダブルトリプルも精力的に取り組みましたが、なぜかビギナーズラックのシーズン9を越えられず、改めて自分の力のなさを知りました。トリプルは新しく重力催眠PTを組んだのがこの頃だったような気がします。
そしてシーズン終了直後、僕はリアルの方でとてもショックな出来事が起きてしまう(察し)。


《シーズン12》15/09/15~15/11/16

シングル 1724 334勝305敗
ダブル 1765 84勝68敗
トリプル 1646 62勝52敗
ローテ 1701 52勝29敗
スペシャ 1689 146勝103敗
総合 8525 678勝557敗

ショックな出来事から目を背けるようにツイッターポケモンアカウントを始動。はじめは実況者ばかりフォローしていましたが、ツイッターがオススメしてくれる人もだんだんフォローするようになりました。
この頃はシングルでどうしても成績を伸ばしたかったので、シングルレート2000周辺の人をたくさんフォローしました。雨パ使いのかおるさん、ガモス使いのKINAさん、ボーマンダアイコンの..さん、他にもクミンさん、ささきさんなどなど...。僕は皆さんに追いつきたい一心でしたが、残念ながら皆さんは遥か上のレート帯へと行ってしまわれました。悔しいです。

初期のフォロワーさんで今も仲良くさせてもらってる人といえば、まず思い浮かぶのがヒマリさんです。とある10月の深夜にラルトスのめざパ厳選をしていたところ、声をかけてくださって、それからトリプルバトルをいろはを教えてもらいました。ヒマリさんのBV(天邪鬼パッチールがスキスワするやつ)をいくつもアップしてもらって、トリプルバトルってめちゃくちゃ難しいんだなって思いました。

それから、この頃に初めて、他人とフレンドコードを交換するということをしました。初めて交換したのはりんくんです。確かギャラドスに身代わりを覚えさせてほしいということで交換してもらいました。それからスコさんに最遅テッシードを譲ったのも最初期のこの頃だったと思います。今まで知らない人と直接交換したことがなかったので、こういう繋がりって凄いな!って感動しました。

肝心のレートの方ですが、シングルは1900ちょっとまでいって最後は結局闇落ちでした。一方でダブルはエルゲン偽装PTを組んだところ、面白いようにレートが上がったため最高レートを一気に更新しました。トリプルは苦手でしたが、ヒマリさんのフォローもあってなんとか1600台まで上昇。ローテは誰にも知られないままなぜか1700を達成してしまいました。わたらいさんやseemさんをフォローしていたのですが、フォロバを貰えたのは次のシーズン以降のお話。

シーズン終盤にはダブル生主のしいなさんと出会い、ここからダブル勢の方の知り合いが少しずつ増えていきました。DiVAさんやふっしーさんとはここの生放送で知り合って、実際にお会いすることができましたね。

スペシャルレートが過去作シングルだったため潜りやすく、総合レートにチャレンジするならここだと思い、このシーズンから本格的に総合レートに挑戦するようになりました。フリーザー使い総合勢のルイさんが僕をフォローしてくださって、総合レートのモチベーションは一気に高まりました。最高8600台までいったと思います。


《シーズン13》15/11/16~16/01/19

シングル 1666 192勝173敗
ダブル 1720 54勝36敗
トリプル 1664 47勝34敗
ローテ 1739 119勝60敗
スペシャ 1608 21勝11敗
総合 8397 433勝314敗

TNほりさきがローテで覚醒したシーズン。途中22勝1敗で最高1768までいきました。今思い起こしてもありえない出来事だったと思います。初めての大会参加となったローテ新年大会も、波に乗ったまま決勝進出。その流れはでぃーちょさんのサザンドラに止められることになりましたが。

このシーズンはローテ勢のフォロワーが一気に増えました。わたらいさんやseemさんからもフォロバをいただき、大会を主催してくださったかちゅーしゃさん、大会で対戦してくださったしえるさん、さささるさん、でぃーちょさん、更にはヒシンさん、れもんあめさん、みかんあめさん(ローテ勢ではないけれど)。

一方、総合レートを頑張りたくて、総合上位で名前を見た人を必死にサーチしてフォローしました。ジオットさん、ゆうちゃまさん、sskさんはこの時にフォローさせていただきました。たまごさんと知り合ったのもこの頃ですね。
ただ、シーズンの結果はご覧の通り。ローテ以外は全く振るわない結果となってしまいました。


《シーズン14》16/01/19~16/03/15

シングル 2001 83勝47敗
ダブル 1756 99勝74敗
トリプル 1528 10勝10敗
ローテ 1660 191勝136敗

ついに念願だったシングル2000を達成。シーズン10からずっとシングル1900はいくものの、そこから100が遠い状態だったので、本当に嬉しかったです。ダブルも最高1845をマークし、総合9000も目指せる状態になっていたのですが…。

このシーズンからスペシャルレートがGSに。禁伝ポケモンを全く持っていなかった僕は最遅グラカイ厳選の闇に飲まれて総合レートをすることができませんでした。シーズン途中からGSに潜れないことを悟って一生懸命ローテの最高レートを更新しようと思いましたが、中身のバレている眼鏡エルフーンは刺さりが悪く、ローテの実力も乏しかった僕では最高1700ちょっとに乗せてあげるのが精一杯でした。

このシーズン、初めて週末ローテ大会を主催させていただきました。その効果もあってか、さらにたくさんのローテ勢の方からフォローしていただけるようになりました。弥生さんやフラさんにフォローしていただいたのがこのシーズンです。

次のシーズン、絶対に総合9000に乗せると意気込んで臨んだのですが…。


《シーズン15》16/03/15~16/05/17

シングル 1655 291勝250敗
ダブル 1813 101勝69敗
トリプル 1749 33勝14敗
ローテ 1639 81勝63敗
スペシャ 1712 93勝79敗
総合 8568 599勝475敗

初めてのGSは苦しみながらもなんとか1700に乗せ、総合9000への足がかりを作りましたが、シングルレートが大ブレーキになってしまいこのシーズンも総合最高は8800程度にとどまってしまいました。毎シーズン闇落ちを繰り返すシングルに嫌気がさしてしまい、シングルは1900でも総合9000に乗れるように他ルールを頑張ろうという方針に切り替えることにしました。総合勢って感じがしますね。

ダブルは、この頃から安定して毎シーズン1800に乗せることを目標にしていました。しかし、かなり対戦回数が多いことがネックになっていて、総合の試合数も大変なことになっています。トリプルは、秋桜さんやほたるりんねさんの助言を受けてPTを改良。メガ枠をガルーラからボーマンダに替えたところ1700でもなんとか戦えるまでに成長しました。

たんそマンさんやごまさんと知り合ったのがこのシーズンでした。なんだか長い付き合いのように感じていますが、まだ半年前のことなんですね。りんりんさんと話すようになったのもこの頃だったと思います、FFになったのはだいぶ前でしたが。時々オシャボや国際孵化勢の方々のcasにも足を運ぶようになりました。


《シーズン16》16/05/17~16/07/19

シングル 1486 0勝1敗
ダブル 1802 116勝88敗
トリプル 1755 52勝30敗
ローテ 1581 39勝25敗
スペシャ 1747 73勝48敗
総合 8371 280勝192敗

最も苦しかったシーズン。シングル以外のレートは毎シーズン通りに伸ばして総合最高は8900を超えましたが、9000達成の条件はシングル2025という僕にとって厳しいものでした。シーズン終盤に一気にレートを溶かして悲しみのレリセを敢行。そのまま総合を諦めてローテも溶かしたところでシーズンが終了しました。

スペシャルルールGSが3季も続いたことで、僕も立ち回りや技構成などいろいろと練ることができ、総合9000を達成するならここしかないと思っていました。また次のシーズンでスペシャルレートが変わってしまったら、1700達成がやっとになってしまうかもしれない…そんな恐怖とも戦っていました。

紫炎さん、アニマロッサさんあたりと繋がったのはこの頃だったと思います。たんそマンさんのcasに頻繁に足を運ぶようになってから、そちらの方々にフォローしていただくことがかなり増えました。シーズン終盤には、新しく総合勢のらんまさんと繋がることができました。


《シーズン17》16/07/19~16/09/13

シングル 1906 51勝23敗
ダブル 1803 32勝11敗
トリプル 1800 68勝34敗
ローテ 1697 33勝17敗
スペシャ 1806 37勝13敗
総合 9012 221勝98敗

ORASレートの集大成。最後のシーズンだと分かっていただけに気合が入っていました。ところがシーズンのど真ん中に院試が入ってきてしまったために序盤からスペシャルレートの考察・育成ができないなど、かなりハンデを背負ったシーズンでもありました。

シングルの負担をできるだけ減らすためになんとしてもトリプルレート1800を達成せねばならず、シーズン序盤からひたすら潜ってはメモを取り、レリセを繰り返してなんとか1800に到達しました。
隠しTNを使っていたことから、ローテは正体がバレにくいようにメガバクーダトリパを採用。普段のPTではありませんでしたが、割と少ない対戦数で1700近くまで上げられたので僕に合っている構築だったと思っています。
最も総合レートの後押しとなったのがスペシャルレートです。昨季の時点ではかなりの不安要素でしたが、序盤から多くの人が潜って盛り上がりを見せたことで、レート1800にわずか2時間で到達することができました。これは、従来のレートと比べると、かなり時間を節約できたように思います。

他ルールの頑張りで、9000到達条件はシングル1900になり、最後はレリセした後に一気に1900まで上り詰めてシーズン終了。念願の総合9000を達成しました。


【おわりに】

振り返ると、最終レートはなんだかパッとしないものが多くて、なんだか闇落ちばかりしていたみたいです。
最後の最後にちゃんとした成績を5ルールで残せて良かったです。

ツイッターを始めていなかったら、到底この成績は残せなかったと思います。
今まで絡んでくださった方々、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。