眼鏡の小妖精

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡の小妖精

嫁ポケは眼鏡エルフーン、好きなポケモンはチコリータ。

【s14・シングル】眼鏡エルフーンスタン(最高レート2001)

s10からずっと眼鏡エルフーンでシングルレートに潜っていましたが、この度はじめてレート2000を達成しましたので、構築記事を書きたいと思います。

f:id:uc_pokemon:20160228010816p:plain

【個別解説】
f:id:uc_pokemon:20160228010954g:plain
エルフーン@こだわりメガネ
すり抜け・臆病CdS
個体値:V-偶-V-U-V-U(めざ炎)
努力値:0-*-0-248-36-224
実数値:135-*-105-128-100-180
ムンフォ/エナボ/サイキネ/めざパ(炎)

このPTの軸。選出率は7割程度でPT内では最も高く、眼鏡エルフでの奇襲が決まった試合は多くをモノにすることがきました。意外とすり抜けを知らない(考慮に入れてない)人が多かったように感じます。何度も身代わりを貫通させました。広い技範囲で相手を削ることができるので、初手に選出することが多かったです。

先発で出てきやすかったボルトロスに対して殴り合いで勝利するために、Sを111族抜きに調整して残りをDに振りました。ムンフォは30%でCダウンの追加効果があるので、かなりの確率で打ち勝つことができます。(ボルト式猫騙しは無理)

また、先発ハッサム対面で相手はほぼ確実にとんぼ返りを打ってくるため、非メガのハッサムならめざ炎で高乱1に仕留めることができます。メガハッサムナットレイはめざ炎で確1にできませんが、機能停止に追い込むことができます。

そのほか役割対象としては、対面でメガ前マンダ、準速メガマンダ、メガヘラクロスサザンドラスイクンギャラドス、ゴツメカバルドン、後出しでガブリアス、水ロトムブラッキー、ヤドラン、ヤミラミブリガロンあたりの相手をします。

このPTで運用する上での単体考察もまとめていますので、よければこちらも読んでいただけると嬉しいです。


f:id:uc_pokemon:20160228012225g:plain
ガルーラ@ガルーラナイト
肝っ玉・意地HAs
個体値:V-V-29-*-V-V
努力値:228-252-0-*-0-28
実数値:209-161-99-*-100-114(メガ前)
    209-194-119-*-120-124(メガ後)
グロパン/不意打ち/地震/捨て身

クレセを絶対に倒す209ガルーラ。受け出ししてきたゴツメクレセをグロパン→捨て身で確定に持っていき、こちらはHP3前後で確実に生き残ります。209ガルーラはAを削る振り方もあるようですが、その調整だとクレセに対して乱数になってしまうためAに極振りしています。おかげさまで、今季は一度も月光乱舞されませんでした。

Sを削った弊害として、ガルーラミラーにとても弱いです。また、HASはどの数値も妥協したくなかったので、Bの個体値を29にすることでダウンロード対策をしています。

とにかく、グロパンを積んでしまえば多くのポケモンを確1圏内に入れることができるので、ゴツメ枠が出てくると分かっていても無理矢理グロパンを積んで突破して、後続に負担をかけていきます。ゴツメ枠で突破できないのはガブリアスサザンドラエアームドあたり。


f:id:uc_pokemon:20160228012005g:plain
リザードン@リザードナイトX
猛火・意地Hds
努力値:252-4-4-*-124-124
実数値:185-115-99-*-121-136(メガ前)
    185-166-132-*-121-136(メガ後)
竜舞/羽休め/ドラクロ/フレドラ

メガガルーラでは重くなってしまうポケモンに対応するための補完枠。以前はニトチャ剣舞型を使っていましたが、殴らないとSを上げられないため、削れたゲンガーの道連れ連打に対して全く仕事ができませんでした。Dに厚い竜舞羽休め型は、毒を引かなければ積みながらゲンガーを突破できる点、ニンフィアに後出しして起点にすることができる点が非常に優秀だと感じました。

素の火力はメガ枠としては物足りませんが、電磁波のない電気ポケモンやメガリザYなどを上手く起点にすることができれば、全抜きもできる性能を持っています。立ち回りはガルーラよりもかなり難しいため、メガ枠としての選出回数はガルーラよりも圧倒的に少なかったです。

このポケモンは、こちらの育成論を参考にさせていただきました。


f:id:uc_pokemon:20160228012044g:plain
ヤドラン@ゴツゴツメット
再生力・図太いHB
努力値:244-*-244-12-4-4
実数値:201-*-177-122-101-51
冷ビ/熱湯/トリル/怠ける

ファイアローバシャーモを後出しで止めるゴツメ枠。トリルを使えばバトンバシャ構築にもうまく対応することができます。s12あたりから見極めの難しいHDアローが増え始めたために、ヤドランで必ず突破できるわけではなくなってしまったのが厳しいところです。また、ガルーラに対しては対面から熱湯火傷を引かない限り負担をかけるのが精一杯で、徐々に数を増やしている秘密の力ガルーラに後出しすると、岩雪崩のまひるみで無償突破されることもあります。

このPTは麻痺を入れられることが多いので、電磁波ではなくトリルを採用しています。ボルトを突破した後の、残りHPわずかで麻痺状態のエルフーンや、電気ポケモンを起点にしようとして電磁波を入れられてしまったリザードンなどを再利用することができます。また、削れたボルトロスをトリル下で冷ビで倒す場面も何度かありました。

以前は冷凍ビームではなく大文字を採用していたため、同族のメガユキノオーに上から大文字を入れるためにS4振りしていますが、個体値も含めて見直したほうが良さそうです。(ブログを書くときに気付いた)


f:id:uc_pokemon:20160228012315g:plain
ガブリアス@こだわりスカーフ
鮫肌・陽気AS
努力値:0-252-0-*-4-252
実数値:183-182-115-*-106-169
毒々/エッジ/地震/逆鱗

こだわっているエルフーンがガモスやリザXの起点になるのを防ぐ枠。メガルカリオやゲンガーの相手もします。どのような型のガモスやメガリザXでも止められるように最速スカーフで採用しました。

命中不安のエッジを採用しているのは、非常に重いトゲキッスに対して少しでも火力が欲しかったためです。そうでなければ岩雪崩で充分だと思います。エッジが外れて涙を飲むことも多々ありました。命中不安はとにかく心臓によろしくないです。

毒々は受け出ししてくるクレセリアに対して打つことが希にありましたが、ほとんど使いませんでした。相手の交代際に毒々を打つことで、こちらがこだわっていないと勘違いさせて勝てた試合が2,3試合くらいはありました。


f:id:uc_pokemon:20160228012341g:plain
ゲッコウガ@いのちのたま
変幻自在・無邪気aCS
努力値:0-20-0-236-0-252
実数値:147-118-87-153-81-191
身代わり/ダストシュート/冷ビ/悪波

よく分からないけれど選出してみたら強い枠。選出回数は圧倒的最下位ながら、選出した試合ではほぼ勝つことができました。

最も読まれづらいのは身代わりでした。ロトムやサンダーの電磁波を防いだり、Dに厚く振ってあくびをしてくる起点作りカバルドンや、タスキミラーコートジャローダ、守るを搭載したメガゲンガーを突破することができます。バシャーモの守るに合わせて身代わりを貼り、ダストシュートで削ることで、ガルーラの不意打ち圏内に入れる動きもできます。2000に乗る手前で、ドーブルダークホールを防いでくれたときは本当に採用してよかったと思いました。

このPTはゲッコウガに弱いので、もう少しゲッコウガに対して可能性のある技構成と調整にしたほうがよかったのかもしれません。


【選出・立ち回り】

基本選出はエルフーン・ヤドラン・ガルーラです。マンダ軸のPTにはこの選出がしやすく、この選出が決まればかなりの割合で勝利することができました。初手のエルフーンで相手を削り(初手対面が良ければ1体倒し)、ヤドランで受けながらガルーラを暴れさせます。特に、相手の先発をエルフで削ったあとにガルーラを死に出しして、月光乱舞しにきたクレセをグロパンで無理矢理突破して無双する流れが非常に強いです。この選出には特殊受けがいないため、ヤドランで積極的に釣り出しを決めないといけないのが難しいです。

上の基本選出ではゲンガーに対して何もできずに終わってしまうため、ゲンガー入りに対してはガルーラではなくリザードンを選出していきます。このように、基本選出では重いポケモンが来た時に、残りの3体を上手く入れ替えて対応していくという考えで選出を決めていました。

立ち回りで最も気をつけていたことは、ガルーラで受けないことです。せっかく相手のゴツメ枠を突破するために209に調整してあるので、無理な受け出しをして削られるくらいなら死に出しをしたほうが後に繋がりやすいです。


【弱点】

受けループには勝てません。

素催眠ゲンガーには勝てません。

スカーフキッスには勝てません。


【成績】

f:id:uc_pokemon:20160228043406j:plain
《レート2001pt 83勝47敗 勝率64%》

シーズンが終了する2週間半前にここまでくることができたので、非常に満足しています。本当はもっと上を目指したいのですが、初めての2000到達ということでレートを保存することにしました。
1801から19勝4敗のペースで2001まで上げられたので、高レートでもそこそこ通用していたと思います。